学研教室とはよく一般にある学習塾とはちょっとスタイルが違っています。
学研教室ではその子にあったレベルでしかも自ら勉強に取り組む
スタイルです。なので、一般の学習塾のように、塾へいって一歩的に先生の講義を聞いてプリントをやっておしまいではありません。
学研教室に入る際には、まずその子の今のレベルを知るために診断テストを行います。
その診断テストをもとにその子の今のレベルを決め
勉強のスタート地点を決めます。勉強のスタート地点が決まると、そこから勉強のスタートです。
学研教室は基本的に週2回、国語と算数をセットで学びます。どちらか一方というのは出来ないようです。
最近では英語もありようです。
週2回の学研教室ではまず教室へ行くと、国語と算数のプリント(先日行った診断テストの結果をもとに)を自分で始めます。
国語、算数ともそれぞれ2枚から3枚ほどのプリントをやります。
学研教室のねらいは、自ら進んで勉強に取り組む姿勢を持つことなので、初めはできてもできなくても自分の力で問題を解いていきます。そのプリントが終わったら先生に提出して添削してもらいます。
そこで間違っていたものは直し、もしわからない問題があったときには先生に教えてもらいながら再度取り組みます。
わからないところがある場合にも、しっかり本人が納得してわかるまで親切丁寧に指導してくれます。
ので、決して理解していないのに次のステップへどんどん進んでいってしまうことはありません。
また、今勉強している段階の区切りまでくると必ずそこまでのまとめのテストがあり本当に理解したかの理解度の確認もしてくれます。
ある似たような学習教室ではとにかく早く計算ができるように、時間内でたくさん問題がこなせるようにと指導するところもありますが、学研教室では速さは求めていません。
とにかく、学校の教科書に沿った学習内容になっているので、子供も学校での授業が楽しく受けることができると話しています。

学研教室では子供のセキュリティーにも配慮してくれています。
子供が学研教室に入ると保護者にメールでお知らせしてくれます。
もちろん退出する際にも「今から帰宅します」といったメールがきますので、保護者としては子供の居場所がわかるので安心です。
他の学習塾が悪いというのではありませんが、もし子供を学習塾等にと考えているなら、その子に合った学習スタイルのところへ通わせてあげるのがいちばんではないでしょうか。
うちの子には学研がとても合っているようですので、これからも続けさせたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*