子供の未来を支える企業・学研では、学習塾の経営も行っています。
子供の成長に必要なものは、勉強だけではないことは衆知の事実。
しかし、勉強から得ることができる知識や経験と言うのは、何事にも変えがたいものです。
だからこそ、学研では子供たちが楽しく学ぶことができる場を提供しているのです。

また、今は幼児から学習塾に通うという例が増加。
小さい頃の学習というのは、大人になってから吸収する学習とは、また違ったものになります。
学習する喜びや楽しさを早くから身につけさせたいと考える親御さんが、安心して子供を通わせることが出来るように、学研の学習塾では多くの取り組みを実施しています。
例えば、学研の学習塾には、幼児から英語を学ぶことができるシステムが。
子供というのは大人よりもずっと知識の吸収率が高いので、英語に早くから触れることで、より高いレベルの英会話を身につけることができる可能性があります。
学研では「タイニィ・テディコース」というクラスを開講しており、ここでは年中さんから英会話を学ぶことができるとか。
もちろん、学研らしく「子供が楽しく英会話を学ぶことが出来るように」と言うことが最優先となっていますので、通ったお子さんはみんな楽しく英語を学ぶことができるでしょう。
他にも「ほっぺんくらぶ」というクラブがあり、ここでは知育を中心としたプログラムが組まれています。
乳児から通うことができるこのクラブでは、子供の好奇心を刺激しながら、楽しく学習をすることができる工夫が満載。
今後の勉強に必要な文字や数など、学習の基本になるようなことを学ぶことができます。
0歳から年齢ごとにプログラムが分けられていますので、その年齢に応じた学習をすることができるというのも、嬉しいですね。
中には、テストをして進級しながらクラスを進んでいくというコースもあり、こちらは「より高い学習レベルのお子さん」に向いているクラスです。
子供に合ったクラスを選ぶことができるということが、人気の秘密になっている様です。
親子で楽しく学習することができるこの教室、今ではママたちの間でも評判で、「子供を通わせたい」と言う人も増えているみたいですね。

学研では、学習を「勉強」とだけ捉えるのではなく、子供の好奇心を誘うというところから始めている様です。
ただやみくもに「勉強をしろ」と言うだけでは、子供は反発するだけで、学習の楽しさを吸収することはできません。
子供にとって、どんな学習方法が一番いいのか、そういうことを知っている学研だからこそ、開講できる学習塾がそろっています。
子供の可能性を伸ばしたいというママに、選んでほしい塾でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*